「こどもの居場所応援」自販機、和田興産も設置 DyDoの活動に賛同

20231208こども自販機

【神戸経済ニュース】和田興産(8931)は同社が開発した神戸市中央区のマンションに、売上金の一部を「こども食堂」などを支援する神戸市社会福祉協議会に寄付する「こどもの居場所応援自動販売機」(写真=和田興産提供)を設置した。神戸市が考案したオリジナル音声メッセージが流れる機能を搭載。飲み物を購入する自販機の利用者らに呼びかけ、支援の輪が広がることも期待する。

 神戸市、神戸市社会福祉協議会と連携して同自販機を展開する、ダイドーグループホールディングス(DyDo、2590)傘下のダイドードリンコの活動に和田興産が賛同。両社で同自販機の設置を決め、11月17日に稼働した。

 こどもの居場所応援自動販売機は、ダイドードリンコと神戸市、神戸市社会福祉協議会が4月28日に結んだ「こどもの居場所の支援に関する事業連携協定」に基づいて展開。同日に神戸市立児童センター「こべっこランド」に設置したのが1台目で、現在は兵庫県内を中心に約10台が稼働している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告