久元神戸市長、ヴィッセル優勝「悲願のリーグタイトル獲得は市民の誇り」

20230915久元神戸市長

【神戸経済ニュース】神戸市の久元喜造市長(写真=資料)は25日、サッカーJ1ヴィッセル神戸が初のリーグ優勝を決めたのを受けて「神戸市民とともに歩み続け、悲願のリーグタイトルを獲得されたことは市民の誇りであり、大きな夢と感動を与えてくれました」「吉田監督をはじめ、コーチ、選手、チーム関係者、そしてクラブサポーターのみなさまに、心からお祝い申し上げます」とコメントを発表した。

 久元市長は「ヴィッセル神戸の始動となる初練習を予定していた日に、阪神淡路大震災が発生」したと振り返り、「それから29年」をかけた苦節の初優勝であっただけに「大きな夢と感動を与えてくれました」とチームをたたえた。そのうえで「今後『アジアNo.1』という夢の実現に向けた戦いが再び始まります」といい、「『一致団結』の心で神戸市を挙げて熱い声援を送り続けます」とチームのスローガンにも言及し、さらなる高みに期待した。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告