モロゾフが3日続伸、連日の年初来高値 百貨店売上高「菓子」は3.5%増

20191231神戸株ワッペン

終値 3920円 +35円(+0.90%)

【神戸経済ニュース】24日の東京株式市場では洋菓子大手のモロゾフ(2217)が3日続伸。この日の高値で引け、連日で年初来高値を更新した。特に目新しい買い材料は出ていないようだが、みやげ物の需要なども含めた来店客数の増加による収益拡大への期待感が高まっているようだ。新型コロナウイルスの影響が後退し、足元で個人消費が堅調に推移している恩恵を受けるとみられている模様。

 全国百貨店協会が24日に発表した10月の百貨店売上高では、品目別で「菓子」は全国で3.5%増加。菓子類の需要増が改めて裏付けられた形だ。同社は1月期決算銘柄で、12月11日に2〜10月期決算を発表する予定。クリスマスケーキの予約状況や年末商戦をにらみ、決算発表と同時に業績見通しを上方修正することへの期待感が高まりやすいとの指摘も一部で出ていた。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告