阪神の岡田監督「感謝を込めて選手みんなでパレード」 神戸の開会式で

20231123パレード式典

【神戸経済ニュース】プロ野球・阪神タイガースの選手らは23日午前、神戸・三宮で18年ぶりのリーグ優勝、38年ぶりの日本一を記念してパレードした。スタート前の開会式典で阪神の岡田彰布監督は、「選手だった38年前は優勝パレードできなかった。阪神としては日本一の栄冠を勝ち取って初めての優勝パレードをやってもらうことができました」とあいさつし、喜びをかみしめた。さらに「この1年間の本当に熱い声援のお礼、感謝を込めて選手みんなでパレードしたい」とパレードに臨む意気込みを語った。

 選手を代表してあいさつした近本光司選手は「きょうはファンの皆さん、市民のみなさんとともに、選手も初めてのパレードなので存分の楽しみたい」と語った。

 パレードの主催者を代表してあいさつした兵庫県の斎藤元彦知事は、阪神の日本一について「神戸、兵庫、関西全体に大きな勇気と元気を与えてくれた。本当にありがとう」と述べ、選手らの活躍をたたえた。式典では障がい者アートを振興する非営利組織(NPO)100年福祉会片山工房(神戸市長田区)から新作の虎の絵も寄贈された。受け取った斎藤知事は「県庁に飾るの多くの人に見てもらいたい」と話していた。

 約10分の式典終了後、選手らはバス3台に分乗して、三宮・東遊園地前をスタートし、メリケンパークまでの約2キロメートルをパレードした。沿道には交通規制が始まる午前6時半よりも早く到着して場所を取った人もあるなど、多くの人が詰めかけて選手らに声援を送った。午後にはパリーグを3連覇したオリックス・バファローズの選手らがパレードする。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告