川重、初の電動2輪車「Ninja e-1」「Z e-1」発売 国内で10月以降に

20230922カワサキe-1
【神戸経済ニュース】川崎重工業(7011)は21日、傘下のカワサキモータースが初の電動2輪車2車種「Ninja(ニンジャ) e-1」(写真左=川重提供)と「Z e-1」(同右=同)を10月以降に国内で発売すると発表した。欧州での発売もすでに決めており、世界的に電動2輪車の販売が本格化する。電動ならではの優れた加速力に加え、モーターの出力を15秒間だけ高めて発進や加速を支援する「e-Boost」を搭載し、カワサキらしく力強く走れるのが特徴だ。

 e-Boostの作動時はスロットルを開けた際の加速が強くなり、最高速度が向上する。作動時間を15秒に制限したのはオーバーヒート防止のため。e-Boostを解除してから一定の時間が経過すると再び使用可能になり、条件が合えば発進時、走行中のいずれも使うことができる。静粛性の高い最高出力9.0キロワットの電動モーターを搭載し、もちろん排ガスは発生しない。

 取り外し可能なバッテリーを2個搭載。専用の充電器を使って家庭用コンセントから充電する。バイクに搭載したままでも充電可能だ。1回のフル充電で72キロメートル走ることができる。バッテリー1個をフル充電するのにかかる時間は約3.7時間という。最高速度を抑えて出力を制限し、バッテリーの消耗を緩やかにする「ECOモード」も搭載した。スロットルを閉じた状態なら走行中でもモードを変更できる。

 外観はフルカウル(カバー)付きが「Ninja e-1」で、カバーのないストリートファイター型が「Z e-1」だ。両機種とも全長は1980ミリメートルで、軸間距離は1370ミリメートルとした。重量は「Ninja e-1」が140キログラム、「Z e-1」が135キログラム。国内での発売日や価格などは決まり次第、国内販社であるカワサキモータースジャパンが発表する予定だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告