神戸空港〜JR大阪駅のリムジンバス 乗り換えなしで約70分・15日から

20230911大阪駅
【神戸経済ニュース】貸切観光バスや高速バスを手掛ける大阪バス(大阪府東大阪市)は15日に、神戸空港とJR大阪駅(桜橋口)を結ぶ直通バス「神戸空港リムジンバス」の運行を開始する。神戸空港から大阪駅桜橋口のバスターミナルまで、乗り換えなしで移動できる。初めての街での電車の乗り換えの不安や、大きな荷物を持って電車に乗るわずらわしさを解消する。新型コロナウイルスの影響がかなり収束し、旅客需要が回復する中で運行開始を決めた。

 神戸空港と大阪駅を直通バスで結ぶのは初めて。大阪バスとしても初の神戸空港への乗り入れになる。神戸空港からハーバーハイウェイ、阪神高速5号湾岸線、2号淀川左岸線を通って大阪駅という経路だ。大阪駅から神戸空港に向かう便は逆の経路をたどる。運行距離は約40キロメートルで、所要時間は70〜80分を予定する。神戸空港発は午前10時10分〜午後5時50分に4便、大阪駅発は午前8時50分〜午後3時50分の4便と1日4往復の運転を予定する。

 定員60人または55人の大型高速バス(写真=大阪バス提供)を投入。事前予約制ではなく、並んだ先着順に乗り込む。券売機はなく、乗車時に現金または交通系ICカード、ジョルダンモバイルチケットで運賃を支払う。片道大人1000円(小児500円)。往復割引などは設定していない。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

神戸経済ニュースからのお知らせ