TOAが4日ぶり反落 朝高後は利益確定の売り、前日まで3日続伸で

20191231神戸株ワッペン

終値 861円 -6円(-0.69%)

【神戸経済ニュース】4日東京株式市場ではTOA(6809)が4営業日ぶりに反落した。大引けにかけて下げ幅を拡大し、この日の安値に並んで引けた。買い先行で始まり、取引開始直後は前日比22円高の889円まで上昇。2日に続いて連日で年初来高値を付けた後は利益確定の売りが先行した。

 2日大引け後に発表した24年3月期の連結業績予想は、営業利益は46%増の25億円になる見通し。今期の大幅な増益を好感した買いが先行した。ただ同社株は2日まで3日続伸し、この間に好業績期待で4%程度上昇していたことから、朝方の上昇で利益確定の売りが出やすくなったようだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告