石光商事とJFLAHD、英国への日本食輸出で業務提携 共同出資会社を設立

【神戸経済ニュース】食品商社の石光商事(2750)と焼き肉の「牛角」など外食店をFC展開するJFLAホールディングス(3069)は2日、欧州への日本食の輸出で業務提携すると発表した。食材や飲料を輸出入する石光商事と、食材の製造加工・流通・販売するJFLAHDの相乗効果をねらう。英国に共同出資会社を2日付で英ロンドンに設立。まず英国で地歩を固め、将来的に欧州連合(EU)圏内への展開を想定する。

 新会社はJFLAHDの子会社である英現地法人であるアタリヤフーズが70%、石光商事が30%。新会社名は「アタリヤ-イシミツUK」とした。新会社は、これまでJFLAHDが単独で展開してきたレストラン向け食材卸のT&Sエンタープライゼズ(ロンドン)と、日本食の卸売と小売りを展開するアタリヤフーズリテール(UK)の持ち株会社になる。

 石光商事にとっては、かねて機会をうかがっていた欧州への進出になる。一方でJFLAにとっては石光商事の商品調達力や、物流のノウハウを活用できる。これまでも両者は取引先としての関係があったが、欧州での事業には補完的な役割があり、相乗効果が期待できると判断した。

 今後はJFLAHD、石光商事の経営陣がメンバーになり、新会社での事業の進ちょくを確認したり、必要な対応を検討したりと、両者で取り組む事業を協議するステアリング・コミッティー(運営委員会)を組織。現地の市場に適切に対応した販売戦略、付加価値の高い事業モデルを探る。今回の新会社設立に伴う石光商事、JFLAHDの業績への影響は、ともに「精査中」としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告