神戸阪急、4月の売上高21.5%増 全売り場で前年上回る・改装効果も

【神戸経済ニュース】エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O、8242)傘下の神戸阪急によると、同店の4月の売上高は前年同月比21.5%の増加(速報値)だった。9カ月連続で前年同月を上回った。政府が新型コロナウイルスの感染症法の分類を5類に引き下げる方針を打ち出したことなどで、前年同月に比べて外出を抑える動きが後退。外出のためのファッションなども好調で、すべての売り場で前年を上回った。

 3月31日に本館2階にはフェラガモなど6ブランドの「インターナショナルシューズ&バッグ」がオープンしたのが寄与して、高級ブランドは好調。4月26日には4階フロアも改装を終えてオープンしたことで、化粧品などビューティー分野も伸びた。来店客数の増加を受けて、食品も伸びた。

▽関連記事
神戸阪急、9月の売上高28.3%増 リニューアル効果で客層拡大か・コロナ反動も (2022/10/03)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告