採用に「女性枠」を新設 神戸市バスの運転士、これまで実績なく

20230424市バス

【神戸経済ニュース】神戸市交通局は2023年度春の市バス運転士の採用選考で、新たに「女性枠」を設置して募集を開始した。従来の「一般枠」とは別に、応募期間を拡大する。これまで同局では、性別を考慮せずにバス運転士を採用してきたが、もともと女性の応募が少ないこともあり、同局として女性バス運転士の採用実績がないという。だが女性も活躍できる職場作りを通じて、中長期的な応募者の増加や、安定した乗客サービスなどをねらう。(写真は神戸市バス=資料)

 女性枠の応募締め切りは5月31日と、一般枠の5月22日までよりも応募期間を長くした。説明会の開催日も5月6日、20日、28日と3回の開催を予定と、一般枠よりも手厚く対応。バスの運転に必要な大型2種免許の取得に必要は費用は男性同様、交通局が全額負担する。自動車部中央営業所(神戸市中央区)には女性専用の休憩室、女性専用ロッカー、女性専用の仮眠室、女性専用のシャワー室をすでに設け、施設面からも受け入れ態勢を整えた。

 説明会への参加を希望する場合は、(1)氏名(2)生年月日(3)参加希望日(5月6、20、28日のいずれか)(4)大型2種運転免許の有無(5)携帯電話の番号など参加当日の連絡先を記載し、電子メールをkotsu-saiyo(a)office.city.kobe.lg.jp(アドレス中の(a)は@に読み替える)宛に送付すると、詳細について交通局から返信を受けられる。同局は応募者多数で日程が希望に沿えない場合や、悪天候などで説明会を中止する場合があるとしている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告