今日の株式相場・小じっかりか、内需関連が下支え 2万8600円台に浮上も

20200401今日の株式相場

【神戸経済ニュース】24日の東京株式相場は小じっかりの展開か。前週末の米株式市場ではダウ工業株30種平均は下落したが、ナスダック総合株価指数が小幅ながら上昇し、売りが先行する流れにはならないとみられる。特に内需関連や、交通機関などが24年3月期に収益が拡大するとの見方を支えに、買いが優勢になる場面もありそうだ。ただ28〜29日に日銀が開く金融政策決定会合を控えて積極的な売買は手控えられやすい。日経平均株価は2万8600円台に上昇するとみられる。

 前週末21日の米株式市場では
……

▽関連コンテンツ

・この記事は、国内外の経済動向や相場動向を解説することを目的としております。投資勧誘や特定の商品の購買勧誘を目的としたものではありません。
・この記事は、信頼できると思われる情報、データに基づいて作成されていますが、筆者・発行者がその情報の完全性や正確性、相当性などを保証するものではありません。
・この記事の情報を利用する場合は、すべて利用者の責任においてご利用ください。その結果として生じたすべての帰結について、筆者・発行者は一切責任を負いません。

今日の株式相場・小じっかりか、内需関連が下支え 2万8600円台に浮上も
1784文字
マガブロ画像:1枚
マガブロ動画:0
マガブロを購入する
関連記事

広告

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告