モトコー3街区、4店舗が24日から順次再オープン MR.BOND移転など

20230419元町高架下

【神戸経済ニュース】JR西日本(9020)と傘下のJR西日本不動産開発は18日、リニューアル工事を進めている元町高架通商店街(モトコー、神戸市中央区)で4店舗が24日から順次オープンすると発表した。すでに西寄りの一部がオープンしている3街区(3番街から改称)で、再整備を終えて新たに利用を始める最も東寄りの建屋に入居する。4店舗とも、以前から元町高架通商店街で営業していた店舗だ。

 新たに開業する建屋の敷地面積は約688平方メートル、延べ床面積は529平方メートル、鉄骨造平屋建て。以前と同様、東西に伸びる通路を高架下の中央に配置して、両側(通路の南北)に店舗が並ぶ。再オープンする4店舗は、2番街から移転する服飾・洋品雑貨のMR.BOND(ミスターボンド)、アクセサリーのSILVER501(シルバー501)元町店、時計修理のセンコー堂、服飾販売のAbbey Road(アビーロード)の4店舗だ。

 このうち2番街から移転するMR.BONDなど2店舗が24日から営業する見通し。他の2店舗も5月にかけて再オープンする予定だ。リニューアル工事を終えて開業した第1弾の店舗は、2022年10月1日に、3街区と7街区でオープンしていた。現在空いているスペースについては、引き続き元町高架通商店街で営業を続ける意向の店舗などに案内する方針としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告