阪神神戸三宮、発車音ネスカフェの「♪ダバダ〜」に 17〜23日・ネスレ日本

20230414ネスレ阪神三宮

【神戸経済ニュース】スイス系食品飲料大手のネスレ日本(神戸市中央区)は14日、阪神線の神戸三宮駅で近鉄線との直通列車が発着する2番線の発車メロディーを、「ダバダ〜」で知られるネスカフェ・ゴールドブレンドのCMソング「目覚め」にすると発表した。同駅で、ネスカフェ・ゴールドブレンドの広告を掲示するのに合わせて17〜23日の期間限定で実施する。(図は広告掲示のイメージ=ネスレ日本提供)

 駅の発車メロディーを期間限定の広告に使うのは、全国的にみても珍しい。実際にCMに使われる女性の声で「ダバダ〜」と歌うのに合わせて「2番線の電車が発車します」と男性の声でアナウンスが入る。さらに曲のエンディングで、女性の声が高音で伸びるのに合わせて、電車が奈良に向かって出発する。

 阪神の神戸三宮駅は乗降客数が1日平均で11万人を超す、関西でも有数のターミナル駅だ。「思わずコーヒーが飲みたくなる」とされるほど定着したCMソングが駅で何度も流れ、多くの人が耳にすることになる。視覚に加えて聴覚からも訴えることで、より高い広告効果を得たい考えだ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告