日本製麻が急落 4月の臨時総会「委任状争奪戦なし」で利益確定の売り急ぐ

20191231神戸株ワッペン

終値 720円 -73円(-9.21%)

【神戸経済ニュース】14日の東京株式市場では日本製麻(3306)が6日続落。一時は前日比74円安の719円まで下落と急落した。終値でも東証スタンダードの値下がり率ランキングで7位になった。同社は前週末10日大引け後、4月6日に予定している臨時株主総会の議案を発表。経営方針の転換を迫り、株主総会の開催を求めた大株主であるゴーゴーカレーグループ(金沢市)の宮森宏和会長を、社長にすることで同氏と日本製麻が合意したという。このため株主総会に向けた委任状争奪戦などが起きないとして、利益確定の売りが増えた。

 売買高は4万9900株と、前日の約2倍に膨らんだ。同社株は1月24日に上場来高値の1078円を付けており、すでに13日までで株価は高値から3割近く下落していた。14日は相場全体の地合いが悪化したこともあり、利益確定の売りを急ぐ展開になったもよう。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告