神戸阪急、2月の売上高36.1%増 ファッション好調・食品全領域2ケタ増

【神戸経済ニュース】エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O、8242)傘下の神戸阪急によると、同店の2月の売上高は前年同月比36.1%の増加(速報値)だった。7カ月連続で前年同月を上回った。前年同月に新型コロウイルスのまん延防止等重点措置が適用され、来店客数が減少。売上高も前の年に比べ16%減と落ち込んだ反動が表れた。リニューアルを控えて、新館1〜3階が閉館した反動も表れた。

 分野別では本館、新館1階の高級ブランドがけん引したほか、外出意欲の高まりを背景にファッション分野が大幅に伸びた。さらに来店客数の増加を受けて、食品は生鮮、菓子、総菜、その他の全領域で伸び率が10%を超えた。新館「モード」なども好調だった。

▽関連記事
神戸阪急、9月の売上高28.3%増 リニューアル効果で客層拡大か・コロナ反動も (2022/10/03)

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告