兵庫県の23年度予算案、一般会計は1.0%減の2兆3597億円 コロナ関連減で

20230207兵庫県当初予算案23

【神戸経済ニュース】兵庫県は7日、一般会計が22年度当初予算に比べ1.0%減の2兆3597億円とする2023年度の予算案を発表した。13日に開幕する兵庫県議会に提出する。社会保障関係費が増加する中でも、大阪・関西万博などへの対応を強化した。新型コロナウイルス臨時交付金事業や中小企業制度資金貸付金、退職手当の減額などで22年度を下回る当初予算の規模になった。2年連続の減額予算だ。特別会計、公営企業会計を合算した全会計ベースでは、0.7%増の4兆2782億円。2年ぶりの増額予算になる。(詳細の記事を掲載しました

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告