神戸空港、12月の旅客数は前年比23%増 コロナ前の2%減まで回復

20211021統計アイコン

【神戸経済ニュース】空港運営会社の関西エアポートグループが23日に発表した2022年12月の神戸空港旅客数は、前年同月比23%増の27万9040人だった。国の全国旅行支援が10月から始まったうえ、年末の帰省の需要もあって国内旅客が増えた。新型コロナウイルスの感染拡大前である2019年12月(28万4224人)との比較では2%減まで回復した。

 路線別では、前年同月に未就航だった新潟を除く全路線で旅客数が伸びた。那覇は54%増、下地島は86%増と増加が目立った。主力の羽田は7%増、新千歳は12%増だった。

 旅客便の発着回数は前年同月比4%増の2338回だった。小型機なども含めた全体の発着回数は横ばいの3058回。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告