神戸港、10月のコンテナ総取扱個数6.3%増 輸出コンテナ10.1%増

20211021統計アイコン

【神戸経済ニュース】神戸市が23日に発表した10月の神戸港の統計によると、同月の神戸港コンテナ総取扱個数は前年同月比6.3%増の25万3858個(20フィートコンテナ換算)だった。6カ月連続で前年同月を上回った。新型コロナウイルスによる物流への影響が国内外で薄れ、再び荷動きが活発になった。

 神戸税関が発表した貿易統計によると、神戸港で10月の輸出入総額は5カ月ぶりに過去最高を更新した。ただコンテナ取り扱い個数は6月(25万5408本)をやや下回り、急速な円安進行が貿易額の増加を加速したのを表した。

 輸出コンテナは10.1%増と大幅に伸びた。輸入コンテナも4.9%増と増加。いずれも6カ月連続で前年同月を上回った。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告