グルマン池田さんに「ガレット」最優秀賞 「クーロンヌ」はクリの宮内さん

20230114最優秀賞
ガレット・デ・ロワ(左)とクーロンヌ・デ・ロワの最優秀作

【神戸経済ニュース】兵庫県洋菓子協会(神戸市灘区)、兵庫県パン協同組合(神戸市中央区)、神戸ファッション協会(同)は13日、「ガレット・デ・ロワ」「クーロンヌ・デ・ロワ」コンテストの公開審査会を神戸阪急(神戸市中央区)で開いた。ガレット・デ・ロワはブーランジュリーグルマン(神戸市東灘区)の池田匡さん、クーロンヌ・デ・ロワはパティスリークリ(明石市)の宮内朋子さんがそれぞれ最優秀賞に選ばれた。作品は表彰式を開催する16日まで、神戸阪急で開催中の「みんなのガレット博覧会」で展示する。

20230114ガレット2位3位
ガレット・デ・ロワの第2位(左)と第3位

 ガレット・デ・ロワの第2位は、神戸ポートピアホテル(神戸市中央区)の福本千浪さん、第3位はアンテノール(エーデルワイス=神戸市中央区=が展開)の中野帆乃佳さんだった。クーロンヌ・デ・ロワの第2位はイスズベーカリー(神戸市兵庫区)の駿川昌希さん、第3位は岡野食品産業の岩田恵二さん。ガレット・デ・ロワで最優秀賞だった池田さんは、クーロンヌ・デ・ロワでも4位に食い込んだ。

20230114クーロンヌ2位3位
クーロンヌ・デ・ロワの第2位(左)と第3位

 審査は味覚、技術、視覚の3項目で実施。審査員はベテラン職人16人(各部門8人ずつ)と、ジュール・イルマン在京都フランス総領事や神戸日仏協会(神戸市中央区)の関係者ら子供時代からガレット・デ・ロワに親しんだフランス人6人が担当した。今回のコンクールで審査のポイントになった点や、全体の講評などについては16日の表彰式で示す予定だ。ガレット・デ・ロワのコンテストには25人、クーロンヌ・デ・ロワには10人の若手職人が参加した。

 「みんなのガレット博覧会」は兵庫県洋菓子協会などが開催する、新年を祝うフランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」(写真=昨年の優勝作品)を中心とした焼き菓子などの展示販売会だ。焼き菓子などの販売に加え、ガレット・デ・ロワ作り体験や、フェーブ(ガレット・デ・ロワに埋め込む小さな陶器の人形)が当たる抽選会、著名洋菓子店「モンプリュ」(神戸市中央区)を率いる林周平シェフの製菓道具コレクションの展示なども実施している。(写真は神戸ファッション協会提供)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告