カルナバイオ、治験中の免疫疾患治療薬で錠剤を開発 より高い効果に期待

【神戸経済ニュース】創薬ベンチャーのカルナバイオサイエンス(4572)は20日、同社独自で臨床試験(治験)を進める関節リウマチなど炎症性免疫疾患の治療薬「AS-0871」について、タブレット(錠剤)型の製剤を開発したと発表した。従来はカプセルに入れて服用していたが、動物試験では錠剤のほうがカプセル製剤よりも、より吸収されやすい性能の高さを示した。今後、錠剤で治験を進めることで、より高い効果が期待できるという。

 カルナバイオはAS-0871を巡って、共同開発のパートナー探しを始めたことも明らかにした。治験は現在、3段階のうち最初の第1相の途中だが、第2相からは導出(他社へのライセンス供与)または共同開発などで治験を進め、より迅速に治験を終えたい考えだ。

 タブレットの開発などについて2022年12月の連結業績予想への影響はないとしている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告