トーホー、株主優待に「コーヒーだけ」の選択肢を追加 PB製品を提供

0 0
20221129トーホー株主優待

【神戸経済ニュース】業務用食品卸のトーホー(8142)は28日、株主優待制度にコーヒーだけを受け取れる選択肢を追加したと発表した。提供するコーヒーは、業務用で提供している同社の自主企画(プライベートブランド、PB)製品。保有株式200株以上かつ保有期間1年以上の株主に適用する。23年1月期末の株主を対象とする株主優待から実施する。

 トーホーは200株以上、1年以上の株主を対象に、「社会貢献への寄付」「買い物割引券のみ」「買い物割引券と商品」「商品のみ」の4種類を選べるようにしていた。このうち「買い物割引券と商品」のコースでは、受け取る商品をオリーブオイルやカツオ節といった食品か、コーヒーかを選べるようにしていた。同様に「商品のみ」のコースでも食品かコーヒーか選べるようにした。

 加えてトーホーは、23年1月期末の株主を対象とした株主優待から、割引券は傘下の食品スーパーであるトーホーストアで使用できなくなるとも表明した。トーホーがトーホーストアの売却について、コノミヤ(大阪市鶴見区)と基本合意したため。トーホーが展開する現金卸売り事業の店舗「A-プライス」では引き続き利用できる。

▽関連記事
トーホー、赤字の食品スーパー事業を売却 大阪のコノミヤと基本合意 (2022/10/31)
トーホー、今期純利益2.7倍の9億円に上方修正 年20円に配当倍増・外食回復で (2022/09/05)
トーホー、株主優待制度を変更 長期保有の株主を優遇 (2018/09/18)

関連記事
ページトップ