兵庫県、全国旅行支援の宿泊割引を12月27日まで延長 1月以降は制度見直し

【神戸経済ニュース】兵庫県は28日、政府の全国旅行支援を受けて実施している宿泊割引「ひょうごを旅しようキャンペーン・ワイド」の利用期間を延長すると発表した。従来は12月20日まで(12月21日チェックアウト分まで)としていたが、12月27日まで(12月28日チェックアウト分まで)にする。観光庁が全国旅行支援の期間を「12月下旬まで」から「12月27日まで」に変更したため。

 今回延長した期間については、割引率・クーポン券の金額を変更しない。ただ政府は2023年1月以降も割引率などの制度を見直したうえで、観光需要の喚起策を実施する方針を示している。兵庫県は1月からの新たな施策について、観光庁からの公表を受けて実施すると表明している。

 現行の旅行代金の割引額は40%で、交通付宿泊旅行は上限が8000円、それ以外の上限は5000円。旅行する日が平日の場合に3000円、休日の場合に1000円のみやげ物店などで使えるクーポン券が付く。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告