078KOBEが開幕「未来の神戸を体験できる仕掛け」 国際展示場で27日まで

20221126opening.png

【神戸経済ニュース】クロスメディアイベント「078KOBE」(主催・078実行委員会)が26日午前、神戸市中央区の神戸国際展示場3号館で開幕した。午前10時から開いたオープニング・セッション(開会式)では、藤井信忠・共同実行委員長(神戸大教授、写真中)が、今回の展示について「神戸が発展してきた150年の歴史と、さらに未来の神戸が体験できる仕掛けをたくさん用意している」と紹介した。

 開場直後とあって一般の来場者はまばらだが、藤井実行委員長は「出展者のみなさんも多くのブースを回って、さまざまな刺激を受けてほしい」と話し、出展者も積極的に会場内を回遊するよう呼びかけた。

 音楽、映画、ファッション、IT(情報技術)、アニメ、キッズに教育と、ジャンルにとらわれず幅広く半歩先の未来を紹介するのがクロスメディアイベント「078KOBE」は27日まで開催。メーンステージとして夏祭り風の「やぐら」を設置し、周囲に約40組の展示・体験ブースが出展している。入場料は無料・事前の予約も不要だ。26・27日とも入場は午後5時まで。

(神戸経済ニュースは「078KOBE」のメディアパートナーです)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告