神戸市内の里山をヘリで遊覧飛行 神姫バス販売・スタートアップ企画

0 0
【神戸経済ニュース】ヘリコプター遊覧を手がけるスタートアップのSpace Aviation(スペースアビエーション、京都市伏見区)は22日、神戸市内の里山上空をヘリコプターで遊覧するサービスを2023年1月に始めると発表した。国営明石海峡公園の神戸地区「あいな里山公園」(神戸市北区)に離着陸場を開設した。飛行時間は10分程度周遊する。兵庫県内でバス運行を手がける神姫バスが、バスツアーのオプションとして販売する。料金は4000円。

 スペースアビエーションは神戸市や国土交通省近畿地方整備局と連携し、ヘリコプターが離着陸できる「場外離着陸場」の許可を取得した。淡路島や神戸空港などと近接した立地も生かし、2025年に開催する国際博覧会(大阪・関西万博)で増える観光客の輸送にもつなげる。

 同社は40台のヘリコプターを保有。神戸市内での場外離着陸場は、あいな里山公園が初めてだが、全国約400カ所で場外離着陸場としての許可を取得しているという。

▽関連記事
エアバスとヒラタ学園「空飛ぶクルマ」で連携 神戸〜関空などヘリで検証飛行 (2022/09/13)
斎藤兵庫知事「未来を作る取り組み発信に意義」 初のドローンサミット神戸で開催 (2022/09/01)
(動画)兵庫県、万博1000日前「空飛ぶクルマ」デモ飛行 高さ30mで水平移動 (2022/07/18)
兵庫県・兼松・パソナGなど、空飛ぶクルマ活用で連携協定 観光や地域創生など (2022/04/27)

関連記事
ページトップ