三星ベの今期、純利益一転の7%増に上方修正 円安で海外拡大・需要も堅調

20221108三星ベ

【神戸経済ニュース】自動車向けなど工業用ベルトを製造する三ツ星ベルト(5192)は8日、2023年3月期の連結純利益が前期比7%増の68億円になりそうだと発表した。従来予想である1%減の63億円から、一転の増益見通しになった。過去最高益をを更新する。外国為替市場で円相場が想定以上の円安で推移しており、従来想定よりも海外収益が拡大する見通しになったという。

 売上高は11%増の830億円、営業利益は14%増の87億円を見込む。従来予想は775億円、80億円だった。業績予想の前提になる為替レートは期中平均で1ドル=135円、1ユーロ=137円とし、従来の115円、125円からそれぞれ円安方向に見直したのが大きく寄与する。海外では東南アジアを中心に、自動車用のほか農業用など一般産業用のベルト需要も堅調で、販売数量も従来予想を上回る見通し。

 年間配当金は240円(うち中間120円)と、従来の220円(うち中間110円)から20円を積み増すことも表明した。同社は今期の配当性向を100%にする方針を示している。今期の1株利益は239.55円の見込みで、配当性向は100.2%になる計算だ。

 同時に発表した22年4〜9月期の連結決算は、純利益が前年同期比34%増の39億円と、4〜9月期としては過去最高だった。新型コロナウイルスによる停滞からの回復局面で、東南アジアを中心とした海外需要が増加。円安もあって増収効果で利益が伸びた。売上高は15%増の425億円、営業利益15%増の45億円だった。

 円安によって4〜9月期の売上高は約35億円押し上げられたという。一方で原燃料高を受けた価格転嫁による値上げの寄与は2億円程度だった。テレビ会議システムを通じて記者会見した池田浩社長は、「下期には、10億円程度の値上げの効果が出てくるとみている」「値上げは浸透していくだろう」と話していた。

▽関連記事
三ツ星ベルト、従業員に「特別協力金」一律8万円 4〜6月期業績が想定上回り (2022/09/29)
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告