ロック・フィールド、9月の既存店売上高7.3%増 2カ月連続で前年比増

【神戸経済ニュース】ロック・フィールド(2910)が12日に発表した9月の月次動向は、既存店売上高が前年同月比7.3%増だった。2カ月連続で前年同月を上回った。前年同月の都市部では月間を通じて新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されるなどで、来店客数が減少。その反動が表れた。さらに今年9月は、新型コロナの感染拡大が一服したとの見方も広がり、百貨店を中心に来店客が増えたとみられる。

 ブランド別では「ベジテリア」が20.2%増、「神戸コロッケ」が15.7%増と伸びが目立った。売上高の過半を占める主力の「RF1」は8.1%増だった。「いとはん」は11.2%増、「グリーングルメ」は1.4%増だった。半面、「融合」が0.3%減とわずかながら、全ブランドの中で唯一の前年比減だった。

 同月の全店売上高は前年同月比8.6%増になった。2カ月連続の前年同月比プラス。主力ブランドの「RF1」は7.3%増だった。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

カレンダー

11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

広告

広告

神戸経済ニュースからのお知らせ