シティーループ、季節感豊かハロウィンの装飾 小学生以下は「合い言葉」も

20221007ハロウィン

【神戸経済ニュース】神姫バス(9083)は7日から11月6日まで、神戸市の市街地観光バス路線「シティーループ」に投入するバス車内でハロウィンの装飾して運行する。シティーループの運行開始以来、バスの中にハロウィンの飾り付けをするのは初めて。6日に飾り付けを済ませたバスを報道機関に公開した(写真)。秋の観光シーズンを迎えて季節感を豊かに、神戸を巡ることができるようにと企画した。(写真はシティーループ用のバス=左=と装飾した内装)

 飾り付けは神姫バスの神戸営業所(神戸市中央区)で実施。シティーループに投入する6台すべてを装飾した。どのバスに乗っても楽しい飾り付けが楽しめる。「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるカボチャのおばけの形をした小物や、カボチャに合わせたオレンジ色のモールなどを飾り付け。子供でも楽しめるように、かわいく仕上げたのが特徴だ。

 期間中はバスに乗車しているガイドに、「お菓子をくれなければ、いたずらするよ」という意味の合い言葉「トリック・オア・トリート」と声をかけると、小学生以下の子供にはプレゼントがあるという。何がもらえるかは、お楽しみだ。プレゼントをもらうのに仮装は必要ないという。神姫バス営業課の桜井彩里紗さんは、「沿線には素敵な場所がたくさんあるので、神戸に来たらシティーループに乗って、いろんな場所を訪れてほしい」と話していた。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告