三宮再開発 「シティピクニック」今年は三ノ宮駅南の広場で開催、8・9日

20221004三宮3Park

【神戸経済ニュース】JR西日本(9021)や三宮周辺の商業施設、開発会社などと神戸市で構成する三ノ宮駅前にぎわいづくりプロジェクト実行委員会は、昨年に続いて2回目の「サンノミヤシティピクニック」を8、9日に開催すると発表した。場所は昨年と異なり、JR三ノ宮駅ビルの建設予定地である広場の一部「&3SPACE」(アンドスリー・スペース、写真奥の広場)で開く。協賛企業・団体のPRブース出店や、同じ日程で開催する「神戸ジャズストリート」と連動したステージイベントなどを予定する。

 三宮交差点をほぼ歩行者専用にして、広場に作り替える「三宮クロススクエア」構想をふまえ、「三宮クロススクエアにぎわいづくりプロジェクト社会実験」として実施する。昨年と異なる場所で開催することにより、どういった変化が起きるかを検証。加えて、会場に多くの人が集まることが予想されることから、会場である三ノ宮駅南の広場から周辺の商業施設や地下街などへ、どのように人が流れるかを改めて検証。円滑な人の流れのために必要な、三宮独特の要素などを検討する材料も得たい考えだ。

 神戸ジャズストリートの連動ステージとしては、8日午前10時半から神戸市立原田中学校「Harada Blue Jazz Ochestra」、9日午前11時半から「神戸ユースジャズオーケストラ」が出演。このほかステージには神戸のスポーツチームとして、ラグビーのコベルコ神戸スティーラーズ選手が8日正午に、サッカーのヴィッセル神戸の選手が9日午後0時半に、それぞれ出演する。神戸市内の中学校や高校の吹奏楽部、神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校の学生らも出演を予定している。

 ブース出店は有馬温泉の「金泉」を使った足湯の体験コーナーや、神戸学院大学・総合リハビリテーション学部の学生と連携して吃音のある若者が主体になる「注文に時間がかかるカフェ@神戸」、神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校による「eSports体験コーナー」、神戸市による「都心三宮再整備PRコーナー」が出展予定だ。開催は両日とも午前10時〜午後5時。荒天でなければ雨天でも開催する。会場内でも飲食は可能だが、来場者にはマスク着用を求めている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告