神戸製鋼、米司法当局が関係書類を要求 品質データ改ざん問題

 神戸製鋼所は17日、子会社である米現地法人が現地時間16日に書類提出を求める米司法当局からの書面を受け取ったと発表した。当局は神戸製鋼によるアルミ・銅製品の品質データ改ざん問題に関連し、神戸製鋼のグループ会社が販売した製品が顧客と契約した通りの仕様になっていなかったことに関する書類の提出を要求した求めたという。

 神戸製鋼は「当局の調査に真摯に協力してまいります」(発表資料)としている。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告