3年ぶり「神戸ジャズストリート」にDEPAPEPEが登場 CFで開催資金

20200327神戸ジャズストリート

【神戸経済ニュース】神戸市中央区の北野町を中心に開催する音楽イベント「神戸ジャズストリート」が3年ぶりに復活する。10月8・9日の両日に開催。ライブハウスや教会など9カ所を会場に、ジャズの「はしご」が再び楽しめる。全国のジャズストリート型行事の先駆けになった神戸の「秋の風物詩」だ。資金問題や新型コロナウイルスなど、苦難を乗り越えて開催に漕ぎつけた。(写真は2015年のパレード)

 前の年に悪天候で1日しか開催できなかったことなどから、20年は実行委の活動資金が不足。実行委自体の高齢化も問題になり、活動をいったん休止した経緯があった。その後、実行委に若手を取り込み、ネットを通じた広報も強化。クラウドファンディング(CF)での資金調達なども含めた開催をめざしたが、21年は新型コロナで開催を断念せざるを得なかった。それだけに実行委も今回は気合が入る。

 スペシャルゲストは神戸市須磨区出身の徳岡慶也と、神戸市灘区出身の三浦拓也によるギターデュオ「DEPAPEPE(デパペペ)」だ。8日は正午(カフェ・ド・パリ)と午後3時(インドクラブ)に、9日は午後1時(インドクラブ)と午後3時(六甲荘)に登場。それぞれ50分間のステージだ。今年は海外からスペシャルゲストを招待することができなかったため、神戸ゆかりで全国的に活躍するDEPAPEPEに白羽の矢を立てた。

 両日ともジャズのライブは正午〜午後5時(午後4時スタートが最終)。阪急神戸三宮駅の北側から北野坂を登るパレードは両日とも午前11時から。リストバンドを購入すれば、どの会場にも入場できる。毎正時に各会場でライブがスタートするため、1カ所にとどまっても、いろんなミュージシャンの演奏に親しめる。10月7日の前夜祭をセットにしたリストバンドも販売中だ。

▽行事名:第39回神戸ジャズストリート
▽主催者:神戸ジャズストリート実行委員会
▽日時 :10月8・9日 正午〜午後5時
▽場所 :神戸倶楽部、北野工房のまち、神戸女子大学教育センター、パイプライン、ソネ、インドクラブ、神戸バプテスト教会、ホテル北野プラザ六甲荘、カフェ・ド・パリ(全9カ所)
▽入場料:リストバンド1日券4600円、両日券8700円(前売り4100円、7700円)、学生割引券3000円(中学・高校の在学生が対象)
▽関連ホームページ:https://www.kobejazzstreet.gr.jp/

◎前夜祭
▽日時 :10月7日 午後7時〜午後9時半(午後6時開場)
▽場所 ;ザ・マーカススクエア神戸「ボールルーム」(神戸ハーバーランド・ホテルクラウンパレス神戸5階)
▽入場料:リストバンド1日券付1万6100円、両日券付1万9700円
▽事前の申し込み:要・予約制
▽予約・問い合わせ:でんわ 078-381-5036 (ザ・マーカススクエア神戸、午前10時〜午後7時)

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告