手軽なウイスキーのバー、JR三ノ宮の高架下に 「お酒の美術館」1杯500円から

20220922お酒の美術館

【神戸経済ニュース】JR西日本(9021)傘下で駅の利便施設などを開発するジェイアール西日本デイリーサービスネットは22日、JR三ノ宮駅の高架下でフラワーロード沿いの場所にウイスキー中心としたバー「お酒の美術館 JR三ノ宮店」をオープンすると発表した。営業開始は28日午後3時を予定する。(図は店舗イメージ=ジェイアール西日本デイリーサービスネット提供)

 テーブルチャージなどは無料で、1杯500円から。仕事帰りや買い物帰り、待ち合わせなどで気軽に一杯を楽しめるバーにする。運営会社は「お酒の美術館」を全国展開する、のぶちゃんマン(京都市中京区)。

 取り扱うウイスキーは、オリジナルブレンドの「三ノ宮」が税込み500円。バニラと熟したレーズン系の香りに加え、レトロでエレガントな味わいだ。同じくオリジナルの「スモーキーブレンド」は700円。スコッチの「ラフロイグ」をベースに、上品でスモーキーな奥深い香りが楽しめるという。

▽店舗名:お酒の美術館 JR三ノ宮店
▽開業日:2022年9月28日 午後3時
▽業態 :ウイスキー中心のバー
▽所在地:JR西日本三ノ宮駅・高架下フラワーロード沿い(沿道東側)
▽営業時間:月〜土は午後3時〜午後11時半、日・祝は正午〜午後9時
 ※新型コロナウイルスの影響で営業時間を変更する場合がある
▽電話 :078-862-6900(9月28日に開通)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告