吉村大阪知事と斎藤兵庫知事の連携会議、第2回を8日開催 人と防災未来センター

20211226ヨットハーバー

【神戸経済ニュース】兵庫県は6日、兵庫県の斎藤元彦知事と大阪府の吉村洋文知事が出席する「第2回兵庫・大阪連携会議」を8日午後に開催すると発表した。場所は、阪神淡路大震災の経験と教訓を語り継ぐことを目的とした施設「人と防災未来センター」(神戸市中央区)を予定する。産業振興、観光振興、国際金融都市での連携事業について意見交換するという。(写真は昨年12月の「第1回」で新西宮ヨットハーバーを歩く斎藤知事=左=と吉村知事)

 観光振興の一環で、斎藤氏が力を入れている、兵庫県各地の観光資源やSDGs(国連の持続的な開発目標)に関する取り組むを2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)のパビリオンに見立てた「フィールド・パビリオン構想」についても言及するとみられる。意見交換の終了後、吉村氏と斎藤氏が今回の成果などについて記者会見する。

 両氏が意見交換する前に、そろって人と防災未来センターを視察する。同センターを中心として10月22・23日には、内閣府などが主催して「防災推進国民大会(防災国大)2022」を開催する予定だ。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告