ファン投票1位で発売決定した「台湾屋台」の味 ケンミン食品

20220831ケンミン汁ビーフン

【神戸経済ニュース】ケンミン食品(神戸市中央区)は9月1日に、人気の台湾屋台の味が自宅でも手軽に食べられる袋めん「ケンミン台湾屋台風汁ビーフン」を発売する。だしの味をしっかりと利かせたうえで、中華圏の代表的なスパイスである「五香粉(ウーシャンフェン)」を加えた。もっちりした汁ビーフン専用のめんと合わせる。(写真左はパッケージ、同右が調理例=いずれもケンミン食品提供)

 食に関するネットメディア「macaroni(マカロニ)」の読者が応募した約500件の新商品アイデアのうち3品「台湾屋台風汁ビーフン」「焼ビーフン塩バター風味」「焼ビーフン完熟トマト」を選び、再び読者に最も食べたい1品を聞いたところ、台湾屋台風汁ビーフンが6595票で1位を獲得。2位の塩バター風味(5162票)に大きな差を付けて、今回の商品化につながった。

 だしは鶏がらや魚介のうま味をしっかりと引き出した。最後まで飲み干せる、あっさりスープに仕上げた。海外旅行に出られないこともあり、盛り上がりつつある台湾グルメブームも追い風。外食を控える動きも背景に、既存商品である「ケンミン汁ビーフン」の販売が過去4年で約6割も伸びるなど、汁ビーフンの知名度が高まった流れにも乗りたい考えだ。

 全国のスーパーで販売する。パッケージには提灯や屋台のイラストを入れた。内容量は78グラム(めん46グラム、液体スープ32グラム)。常温で1年間、保存できる。メーカー希望小売価格は税込みで135円。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告