神戸市SDGs債、みずほ銀・加古川市・石原ケミなど新規に投資表明

20210604MKTワッペン

【神戸経済ニュース】神戸市が25日に5年物の公募地方債「神戸市SDGs債」を起債したのに伴い、新たに7社・団体が同債券への投資を表明した。神戸市によると、さらに1者が近く投資表明を予定しているという。

 今回5年債の起債を機に投資を表明した7社・団体は、みずほ銀行、日本地震再保険、北洋銀行(8524)、加古川市、神戸商工貿易センター(神戸市中央区)、岡山県市町村総合事務組合(岡山市北区)、石原ケミカル(4462)。

 神戸市は21年度から、神戸市の中期計画「神戸2025ビジョン」について格付け投資情報センター(R&I)から第3者評価を取得。この取り組みに賛同し、投資を表明した投資家を神戸市のホームページなどで公表している。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

広告

★神戸経済ニュースからのお知らせ

広告