神戸阪急に世界初「クロエ」のアイスに「トムブラウン」のバー 31日オープン

20220815神戸阪急新館3階

【神戸経済ニュース】エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O、8242)傘下の神戸阪急では31日、改装していた新館1〜3階に最新のファッション(モード)を取り込んだ暮らしを提案する「Hankyu Mode Kobe」(阪急モード神戸)をオープンする。飲食も含む33ブランドが営業を開始。このうち25ブランドが神戸エリア初出店だ。仏ブランド「クロエ」が手がけるアイスクリーム店「クロエ・ル・グラシエ」と、バーを併設した衣料・雑貨の「トムブラウン」は世界で初めての業態だ。

 紳士服と婦人服、ファッションとライフスタイル、伝統的なものと最新の流行と言った、これまでの百貨店では売り場が別れていた商品をミックスすることで、新たな体験を生み出す。1階の高級コーヒー店「ブルーボトルコーヒー」に加えて、アイスクリームやバーといった飲食を取り込むことで足を運びやすくなり、さらに最先端のファッションに触れる機会も増やす。家庭でも職場でもない居場所「サード・プレイス(第3の場所)」をめざす。

 新館1階は約300平方メートル。ブルーボトルコーヒーに加えて、雑貨も販売する「コム・デ・ギャルソン・ポケット」や、婦人服と雑貨の「ザ・ロウ」が入る。新館2階は約1000平方メートル。15ブランドが展開し、うち神戸発出店は11ブランドだ。クロエのアイスクリームとトムブラウンのバーは、このフロアに入る。「アレキサンダー・マックイーン」「ジバンシィ」なども神戸初登場だ。

 新館3階は約1200平方メートル(イメージ図=神戸阪急提供)。15ブランドが展開し、このうち13ブランドが神戸初出店。なかでも注目を浴びそうなのが関西初出店の「ザ・コンランショップ」だ。英インテリアデザイナーで20年に亡くなったテレンス・コンラン氏が73年にロンドンで1号店を出店して以来、現在の暮らしを触発する店舗をめざし続けた。店内の壁面を彩るアートをデザインに取り込んだスツールなど、オープン記念の限定商品も期待を集めそうだ。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告