フェリシモ、神戸市の障害者手帳カバーにミッフィーや神戸タータン 対象者に配布

20220726障害者手帳カバー

【神戸経済ニュース】カタログ通販大手のフェリシモ(3396)と神戸市は25日、「神戸市障害者手帳カバー」の新デザインを制作したと発表した。オランダの絵本作家ディック・ブルーナ氏が描いたうさぎのキャラクター「ダーン&ミッフィー」を採用した2種類に加え、障害者アートを使用した柄、神戸タータンの各1種類と合計4種類の手帳カバーを制作した(写真=神戸市提供)。3万部を制作して対象者に無償で配布する。25日から希望者の受け付けも始めた。8月19日まで受け付ける。

 神戸市が手帳カバーの製作者を公募し、フェリシモの提案を採択した。昨年は「ダーン&ミッフィー」のデザインで2500部を制作し、モニターの利用者を募ったところ、男性など一部から「かわいすぎて持ちにくい」といった声も出たという。このため「ダーン&ミッフィー」でないデザイン2種類も制作し、配布することが決まった。神戸市に住民登録がある障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳)の保有者などが対象。希望者が3万人を超えると抽選になる場合もある。

 障害者手帳はさまざまな局面で日常的に使用、提示する。その際に周囲の理解を深めるとともに、明るく前向きな気持ちで手帳を持ち歩けるように、楽しいデザインのケースを制作することを決めた。ダーン&ミッフィーでないデザインのうち1種類に、障害のあるアーティストの作品を服地や雑貨にデザインとして取り込むフェリシモの「UNICOLART(ユニカラート)」ブランドを取り入れたのも、その一環。今回は小早川桐子さんの作品「夏の公園」からデザインした。

 申し込みは原則として神戸市スマート申請システム(e-KOBE)で受け付けるが、難しい場合は郵送かファクシミリでも受け付ける。申し込み様式は神戸市のホームページからダウンロードできるほか、各区役所の保健福祉課・障害者相談支援センターに配置している。

▽関連記事


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告