阪急がミッフィーとコラボ、幅広く展開 「ミッフィー号」8月3日から運転

20220722ミッフィー電車

【神戸経済ニュース】阪急阪神ホールディングス(9042)の中核事業会社である阪急電鉄は今夏、オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが描いた、うさぎの女の子「ミッフィー」とのコラボレーション(共同)企画を8月3日から3月30日に幅広い分野で展開する。同日から阪急神戸線、阪急京都線、阪急宝塚線の3本線で各1編成ずつ、ミッフィーの装飾電車「ミッフィー号」を運転。このほかスタンプラリーや関連グッズの販売、系列ホテルなどで関連フードの提供なども実施する予定だ。

 阪急がキャラクターとのコラボで装飾電車を運転するのはリラックマ、スヌーピー、くまの学校、すみっコぐらし、コウペンちゃんに続く6つ目。8月3日から運転するミッフィー号は、デザインは各線によって異なる。神戸線の外観は王子動物園の動物、神戸ポートタワー、西宮北口駅のカリヨンの鐘などを編成両端の1号車と8号車に描く。中間車はドア横にミッフィーのイラストを描いたステッカーを貼り付ける(1枚目の図=阪急電鉄提供)。先頭と最後尾にはヘッドマーク、車内にはミッフィーをモチーフにして各地の観光地を示すポスターや中吊り用のイラストを掲示する予定だ(2枚目の図=同)。

 8月10日〜11月6日には「miffy and Hankyu」阪急全線1日乗車券を販売。23年1月31日まで利用できる。大阪梅田、神戸三宮、京都河原町など主要16駅の「ごあんないカウンター」などで購入できる。8月10日〜11月6日にはスタンプポイント6カ所のうち4カ所のスタンプを集めるスタンプラリーを開催する。阪急電車をイメージした制服を着たぬいぐるみ(税込み3850円)、ふせん(650円)などの文房具といったコラボグッズ全23品は8月24日に発売を予定する。
20220722ヘッドマーク
 グループの阪急阪神ホテルズと、エキ・リテール・サービス阪急阪神は「ミッフィー」とのコラボフードを提供。第一ホテル東京(東京・新橋)、ホテル阪急レスパイア大阪(大阪・梅田)、大阪新阪急ホテル(同)、ホテル阪急インターナショナル(同)、宝塚ホテル(宝塚)の直営5ホテルではコース料理やスイーツのメニューを設定する。このほか駅ナカなどの喫茶でもコラボメニューを提供する予定だ。8月10日~11月6日にはコラボフードのスタンプを2店舗分集めると、次回以降に利用できる300円分の利用券になる「フードラリー」も実施する。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告