神戸市と神商、ウクライナ避難民を雇用する企業向け説明会 7月12日

20220323市章山

【神戸経済ニュース】神戸市と神戸商工会議所は7月12日に、ロシアの軍事侵攻を受けてウクライナから日本に避難した避難民の就労支援を目的に、企業向けの説明会を開催する。神戸市にも31世帯、54人(6月22日現在)が滞在している。こうした避難民の状況や、すでに避難民を雇用している事例、在留資格など外国人を雇用する際の注意点などを説明。避難民の就労を支援する。

 説明会には国際協力を担当する神戸市の職員がウクライナ避難民の現状について説明するほか、行政書士やハローワーク、厚生労働省・兵庫労働局の職員らが法的な留意点や各種届け出、ウクライナ避難民を雇用した際に支給する「特定求職者雇用開発助成金」などについて説明する。戦闘が長引くなかで、避難民の間に日本での就労を望む声も出始めたという。支援策の一環で神戸市が神戸商工会議所に開催を呼びかけて実現した。

 説明会はテレビ会議システムの「ZOOM」を利用し、ネット上で開催する。参加費用は無料。ウクライナ避難民以外にも、外国人を雇用する際に必要な内容も多いという。申し込みは開催前日まで可能で、特設申し込みフォームから申し込む。

▽申し込みフォーム
▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告