スカイマーク、7月は神戸〜羽田が1日7往復に 午後9時台に毎日臨時便

20180416神戸空港のスカイマーク機

【神戸経済ニュース】スカイマークは24日、7月は月間を通じて神戸〜羽田便で1日1往復の臨時便を運行すると発表した。通常ダイヤでは1日に6往復の神戸〜羽田便を運航しているが、7月中は毎日7往復になる。同路線で月間62便(31往復)の増発だ。直近の需要動向を反映して、臨時便が必要と判断したという。(写真は神戸空港に駐機中のスカイマーク機=資料)

 増便するのは羽田を午後9時に出発する「SKY119」と、神戸を午後9時35分に出発する「SKY120」の1往復2便だ。いずれも神戸と羽田を結ぶ便としては最終便になる。

 スカイマークはこのほか、羽田〜札幌(新千歳)、羽田〜福岡、羽田〜宮古(下地島)などで7月に臨時便を運航すると発表した。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告