《展覧会》人気急上昇「ガラスペン」38作家の作品大集合 とんぼ玉ミュージアム

20220616ガラスペン

【神戸経済ニュース】
▽展覧会名:「ガラスペン」
▽概要:このところインクの人気もあって人気が急上昇しているのが、ガラス製のペン先と軸が一体化した「ガラスペン」(写真=KOBEとんぼ玉ミュージアム提供)だ。多くは、とんぼ玉と同じランプワークという技法で製作する。今回の展覧会では、実用性を持ちながらも色や形、デザインにと個性あふれる38作家の作品が大集合。ガラスペンの多彩な魅力を紹介する。展示にあわせてガラスペンの販売と、展覧会図録として使えるランプワーク情報誌「LAMMAGA」特別号の発行を予定。ナガサワ文具センターとコラボレーションしたインク「Kobe INK物語」の展覧会オリジナル版も発売する。

▽会場:KOBEとんぼ玉ミュージアム(神戸市中央区京町)
▽期間:7月9日〜10月4日
▽開館時間:午前10時〜午後7時(最終入館は午後6時45分)
▽入館料:大人400円、小中学生200円
 ※会期初日から3日目の7月9〜11日は予約制。予約券を6月25日午前11時からKOBEとんぼ玉ミュージアムの公式通販サイトでのみ発行する。
▽交通:JR三ノ宮駅・元町駅、阪急・阪神の神戸三宮駅から徒歩8分
▽駐車場:なし(近隣に有料駐車場有)
▽事前の申し込み:7月9〜11日のみ必要
▽関連ホームページ
・予約: https://lampwork-museum.ocnk.net/product-group/49/


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告