石井一・元自治相が死去 元民主党副代表・87歳

【神戸経済ニュース】元国家公安員委員長兼自治相で、民主党副代表だった石井一(いしい・はじめ)氏が4日に死去した。87歳だった。死因は急性心不全と伝わっている。通夜と密葬は近親者のみ参列し、本葬は18日午後1時から本願寺神戸別院(モダン寺、神戸市中央区下山手通8−1−1)で行う。喪主は長男で西宮市長の登志郎氏が務める。

 神戸市須磨区出身。甲南大学卒業後に米国への留学を経て、1969年の衆院選に自民から立候補して初当選した。77年のダッカ日航機ハイジャック事件では運輸政務次官として対応にあたった。93年に自民を離党し、94年に成立した羽田孜内閣で国家公安委員長兼自治相に就任。その後の野党再編で民主党に加わり、党副代表を務めた。2013年の参院選に落選し、政界を引退していた。


関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告