シスメックスが急伸、9%上昇 シティ証が投資判断を上げ・需要回復を期待

20191231神戸株ワッペン

終値 8414年 +704円(+9.13%)

【神戸経済ニュース】30日の東京株式市場では血液検査機器の世界大手であるシスメックス(6869)が急伸。一時は前日比804円高の8514円まで買い進まれた。終値でも東証プライムの値上がり率ランキングで19位に顔を出した。シティグループ証券が前週末27日付のリポートで、投資判断を3段階で真ん中の「中立」から「買い」へと強気に引き上げたことなどが買いのきっかけになった。

 新型コロナウイルスの感染拡大による受診控えの影響は徐々に縮小し、検査需要が回復。中国での血液検査機器や検査試薬の販売も回復するとみられる。加えて同社が川崎重工業(7012)と共同出資したメディカロイドは、国内初の手術支援ロボットの年間販売計画を45台としている。これに円安が寄与し、収益には上振れ期待が出やすい面がある。シティ証は目標株価を1万200円まで引き上げたようだ。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告