ノエビアHDが4日続伸、年初来高値 マスク外す機会増えメーク用に期待も

20191231神戸株ワッペン

終値 5550円 +100円(+1.83%)


【神戸経済ニュース】27日の東京株式市場ではノエビアホールディングス(4928)が前日比変わらずをはさんで4日続伸。一時は前日比110円高の5560円まで買い進まれ、1月5日以来およそ5カ月ぶりに年初来高値を更新した。政府は、2メートル以上離れていれば屋内でも屋外でもマスクを取ってもよいといった「考え方」を示したことで、口紅などのメーク用化粧品の販売が回復するとの期待感から買いが入りやすいようだ。

 国内売上高の比率が高く、上海の都市封鎖(ロックダウン)を発端とした物流の混乱や、中国の景気悪化の影響を資生堂(4911)などに比べて受けにくいとの見方も、同社株に物色の矛先が向かう手がかりとの指摘もあった。大和証券が23日付で同社株の投資判断を「3」(中立)に維持しながらも、目標株価を5380円から5570円に引き上げたのも、同社株の追い風になったとの声も出ていた。

▽株式関連コンテンツ
神戸経済ニュース「業績・株式」記事一覧

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告