神戸阪急、6月22日から高級ブランド順次オープン 新館1階「バレンシアガ」など

20220517神戸阪急新館

【神戸経済ニュース】エイチ・ツー・オーリテイリング(H2O、8242)傘下の百貨店「神戸阪急」(神戸市中央区)は23日、改装を進めている新館1階に高級ブランドの4ブランドが6月22日から順次オープンすると発表した。6月22日に「バレンシアガ」、7月7日に「ボッテガ・ヴェネタ」、7月9日に「セリーヌ」がオープン予定。さらに「ロエベ」が6月22日〜7月31日の期間限定で売り場を開設する。

 いずれも神戸阪急には新規導入するブランド。ロエベは23年度中にも常設の売り場をオープンする計画だ。4ブランドを導入する新館1階フラワーロード側の外観刷新工事は6月中旬にも完成する見込み。営業時間は4ブランドともオープン初日から午前10〜午後8時を予定している。オープンに際しての式典やイベントなどは、各ブランドとも開催しない。(図は新たな新館1階の外観イメージ図=H2O提供)

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告