神戸まつり代替行事、メリケンパークに2万8000人が来場 14・15日合計

20220516神戸まつり代替

【神戸経済ニュース】3年連続で延期になった「第50回神戸まつり」の代替行事として14、15日にメリケンパーク(神戸市中央区)で開催した「KOBE元気まつり2022」の来場者数は約2万8000人だった。主催した神戸市民祭協会(事務局・神戸市文化スポーツ局文化交流課)が推計した。第1日の14日は約1万人、第2日の15日には約1万8000人がメリケンパークを訪れた。

 メリケンパーク内には2カ所ステージを開設し、「第50回神戸まつり」のパレードに出場する予定だった団体など約100団体が出演した(写真右)。出店エリアでは地元の農産物や、神戸ワインなどを販売した。スポーツ体験なども開催。ただ新型コロナウイルスの感染対策のため、ステージに大声で声援しないよう呼びかけ(写真左)、会場内で飲食の飲食を前提とした飲食物の販売はなかった。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告

広告

広告