ドーンが大幅続伸 前日に両備システムズから「顧客引き継ぎ」発表

20210604MKTワッペン

終値 1918円 +91円(+4.98%)


【神戸経済ニュース】11日の東京株式市場では緊急通報システムなどを開発・運営するドーン(2303)が大幅に続伸した。一時は前日比121円高の1948円まで上昇した。終値では東証スタンダードの値上がり率ランキングで25位になった。前日に両備システムズ(岡山市南区)が展開してきた消防向けの非音声通報システム「Net119」と「映像通報サービス」のドーンが引き継ぐと発表。ドーンの顧客数増加による収益拡大への期待につながった。

 もっともドーンは引き継ぐ顧客数を明らかにしていない。今回の顧客引き継ぎは「両備システムズが現行のシステムのサポートを終了するため」(ドーン管理部)としていう。両備システムは後継システムとしてドーンの「NET119緊急通報システム」「Live119(映像通報システム)」を紹介するが、最終的には顧客が判断することになるという。ただドーンは今回の顧客引き継ぎについて「来期以降の業績にも影響は軽微」(管理部)としている。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告