川重が続落 今期純利益33%増も市場予想下回る

20191231神戸株ワッペン

終値 2253円 -103円(-4.37%)


【神戸経済ニュース】10日の東京株式市場では川崎重工業(7012)が続落した。後場に下げ幅を拡大し、一時は前日比152円安の2204円まで下落した。東証昼休み中に2022年3月期決算を発表。同時に示した23年3月期の連結業績予想(国際会計基準)は290億円になる見通し。前期まで開示した日本基準に換算した純利益でも前期比33%増の290億円の見込みだ。これが市場予想の平均値(330億円程度)を下回ったとして、失望感から売りが先行した。

▽関連記事
関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告