ポートアイランド2期にバーベキュー場、7月オープンへ 販売用土地の暫定利用

20220508BBQ.png

【神戸経済ニュース】神戸市が販売を予定しているポートアイランド第2期の土地の暫定利用の一環で、バーベキュー場を開設する。バーベキュー場の運営会社が商業施設開発や有休地活用を手がけるをカレイドジャパン(東京都世田谷区)に決まったと神戸市が6日に発表した。夏休みシーズンである7月のオープンを計画する。

 場所は神戸市中央区港島南町6丁目10番1のうち南西角の3000平方メートル(地図=神戸市提供)。施設の詳細や、利用したい場合の手順などは今後詰める。神戸市は期間5年間、月額75万円でカレイドジャパンに対象地を貸し付ける契約を結んだ。

 バーベキュー場を取り囲む形で「市民農園」の設置も準備が進む。南公園をリニューアルして、新たな複合遊具を設置するなど子供の遊び場を改めて整備。バーベキュー場の開設もポートアイランドの活性化策の一環として取り組む。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告