スカイマーク神戸便、大型連休中の予約率52.0% 提供席数は前年比5%減

20210426スカイマーク機

【神戸経済ニュース】スカイマークは22日、大型連休中の神戸発着便の予約率が同日時点で65.0%になったと発表した。大型連休期間である4月29日〜5月8日の提供座席数(8万7261席)と総予約数(4万5354人)から算出した。(写真は神戸空港に到着したスカイマーク機=資料)

 大型連休の期間中、神戸発着便の提供座席数は昨年に比べて5.2%減と減少する見通しだ。だが昨年の同時点では予約率が37.5%と低く、大型連休中の搭乗客数は昨年を大きく上回る公算が大きい。

 スカイマークは神戸空港から東京(羽田)、札幌(新千歳)、仙台、茨城、長崎、鹿児島、沖縄(那覇)、宮古(下地島)と8都市に、合計25往復を運航している。

▽関連記事

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

広告

広告

広告

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

広告