橋本川重社長「保有する技術は宝」「最初の担当は基礎」 入社式で

20220403川重橋本社長

【神戸経済ニュース】川崎重工業(7012)の橋本康彦社長は1日に開いた入社式であいさつし、「当社グループが保有している技術は我々の宝です」と述べ、幅広い分野で多様な技術が活用できることを示した。そのうえで技術を活用して「視点を変え、社会課題を起点としてより広いマーケットの要請を第一に考えながら、新たな事業として花開かせるために」「さまざまに取り組みを進めていきましょう」と語った。

 大学・高専卒の新入社員は247人(うち事務系49人、技術系198人)。会場は神戸国際展示場1号館を使用した。入社式に出席する新入社員、役員、関係者は事前に同社が提供しているPCR検査サービスを利用し、陰性を確認したうえで出席した。生産職の入社者125人については、事業所別に入社式を開いた。橋本社長のあいさつは、川重が報道機関向けに1日に要旨を明らかにした。

関連記事

広告

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

神戸経済ニュース twitter

広告

神戸経済ニュースについて

神戸経済ニュース

Author:神戸経済ニュース
「神戸を知ると世界が分かる」を合い言葉に、神戸の景気・企業・金融・経済政策などにまつわる話題を随時お伝えします。すべての記事がオリジナルです。

詳しくはこちら。

広告